サービス概要

下水道工事

管推進工事(ポリエチレンライニング工法スピーダー工法スピーダーPAS工法(泥水工法)、鋼管削進工法、エースモール工法ラムサス工法、各種泥水工法、各種泥土圧工法

分かりやすいように図で説明しています。

suishinkoji

ポリエチレンライニング工法

PFL工法

PFL工法は、既設老朽管きょ内面に補強材を取り付け、その後、高密度ポリエチレン製のPFLパネルを設置し、既設管とPFLパネルとの隙間に高強度、高流動のモルタルを注入することで老朽管を更生する工法です。

1

PML工法

環境負担の少ないポリエチレンのライナーが防食膜をを受け持ちます。大掛かりな機材を使いませんので、当然作業の騒音など少なくなっております。また、有害な有機溶剤等は使用しませんので作業をされる方に健康な環境を提供します。

2
ポリエチレン・コンパクトパイプ工法

ポリエチレン・コンパクトパイプ工法は、ドラムに巻いたC型形状の高密度ポリエチレ性のパイプを人孔より既設管内に引き込み、蒸気加熱と圧縮空気により円形に復元させ既設管に密着させ、老朽した既設管を更生する下水道管きょ更生工法です。

Φ200~Φ350mmまでの施工を基本とし、自立管強度を有しかつ高密度ポリエチレン特有の破断時における伸び率が350%以上と大きいことから、地震により発生する地盤の歪みや地盤沈下に因る屈曲等にも対応、更生材自体が破断や割れを起こしにくい為、耐震化に適した工法です。

poly_p01

ダンビー工法

ダンビー工法は、既設の管きょを非開削で効率的に更生する工法です。

まず、既設管きょ内面上部にスペーサーを設置します。その後、硬質塩化ビニル樹脂製の帯板(ストリップ)をマンホールから既設管きょ内に送り込み、管きょの内面にスパイラル状に巻き立てます。

次に、隣り合うストリップ間を接合用かん合部材(ジョイナー)でかん合し、連続した管体(ストリップ管)を形成します。最後に、ストリップ管と既設管きょとの空隙に充てん材を注入することで、既設管きょと更生部材とが一体となった更生管(複合管)となり、高い強度と水密性を発揮します。さらに、溝部と伸縮部を併せ持つジョイナーを使用することにより、更生管は優れた耐震性能を発揮します。

EX・ダンビー協会 ホームページ

ケーシング立坑

地盤改良工法(薬液注入工法)

image043

ウェルポイント工法

地下水を低下させる方法地下にパイプや構造物を築造する際に活用すると安全で施工性が向上します(地盤沈下の恐れは有りません)。
地下水の多い地盤を掘削する際の補助工法には、いろいろな工法がありますが、比較的浅い掘削に用いられる手軽な工法として、ウエルポイント工法があります。

この工法は、ジーメンスウエル工法から発展したもので、同工法のサクションポンプによる集水を、強力な真空ポンプに置き換え、強制的に排水することが原理となっています。

真空ポンプですから、最大吸込み理論揚程は10m、実際には6m程度です。強制排水ですので、やや透水性の悪い地盤(k=10-4~10-5㎝/sec)でも適用できますが、実際の適用は砂地盤が多い工法です。

仕組みは、次の図の通りですが、本項では、実際の写真を掲載しています。

一般社団法人 日本ウェルポイント協会

wellpoint

下水道立坑工事

image042

道路改良工事

新しい道路を作ったり、道路幅を、拡げたりします

road

護岸工事

災害防止治水対策になる工事で川に面した家屋倒壊ではなくてわならない工事です

gogan