土木・建設会社の現場は天気に左右されることが多くあります。

 

 今までは大雨が降ると現場監督や現場作業員が夜に現場の状況確認に行ったり、徹夜作業が必要になるといった課題がありました。それに加え、近年全国各地で局地的な大雨が引き起こす水害が増加傾向にあります。大雨で増水した河川に近づけば、人が流される事故につながることもあり大変危険です。

 

 地方公共団体や国によって一級河川には「Iシェア」と似たような装置が設置されていますが、本流に流れ込む支流の水害がほとんどなのに情報がなかなか入ってこないのが現状です。災害時の避難は初動が重要です。町内放送に加え、より早く状況を把握して危険度も数値で伝えることができれば、みなさんの命を守る一助になると考えています。

 

 既存の「Iシェア」は、水位が指定値になったら通知を出すという設定で、遠隔地からでも河川の状況を把握できるものでしたが、今回「Iシェア」に新たな機能が追加されました!😊

 

 水位が上がってしまう前に雨量を測定することにより、さらに早い段階で危険の察知が可能で、小型でソーラーパネルを用いた機械のため、設置場所を広く取れないところや電力供給が難しいところにも設置が可能です!

 

 また、佐賀県は農業県です。我々の建設現場の事だけでなく地方自治体等と同時にシステム化しておけば、県や市の担当者、水を管理している人たち全員で情報共有ができると考えています。

 

↑事務所の屋根に「Iシェア」を設置してみました。雨量観測をしていきます!

 

 

 

「Iシェア」に興味をお持ちいただけましたら、お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください😀