管更生工事

Pipe Rehabilitation -

老朽化や災害によって下水道管路が破損すると、トイレが使えなくなったり下水があふれて環境が悪化するなど、私たちの日常生活や経済活動に大きな支障をきたします。

都市部の下水道管路が耐用年数に達しつつある現在、松栄技建は確かな技術と経験を通じて見えないところで下水道管路を守り、社会基盤を支えています。

Method ―
管更生工事の工法

SWライナー 工法
SW Liner Method

用途

下水道管きょ(地中に埋設した水路)の更生。

概要

SWライナー工法は、既設管内に硬質塩化ビニル製の帯板(ストリップ)をら旋状に巻き立て製管し、既設管との隙間に充填剤を充填することにより、複合管として更生する管更生工法の製管工法です。

特徴

供用下でも施工が可能

継手のない連続構造

充填時の浮上対策として支保工が無くても施工可能

パワフルな元押し式による製管

関連リンク

PFL 工法
PFL Method

用途

下水道管きょ(地中に埋設した水路)の更生。

概要

製管工法。老朽化した管きょの内面に炭素繊維による補強材を取り付け、その後、裏面に突起のついたポリエチレン製の表面部材(PFLパネル)を設置した後に、補強材と表面部材の隙間に高流動のモルタル(PLモルタル)を注入して一体化させることで下水道管きょを更生する。

特徴

PFL工法による更生管は新管と同等以上の強度を持つ。

表面部材の伸びと強度復元により、レベル 2 地震動にも効果。

更生管の内面は水密性・耐薬品性・耐摩耗性に優れており、耐久性が向上する。

補強材は錆びないため、補強後に再劣化する懸念がない。

補強材は軽量なため、管内での施工が効率よく行える。

PML 工法
PML Method

用途

下水道マンホールの更生。

概要

形成工法・熟形成タイプ。老朽化したマンホールの内面に、表面部材である突起付高密度ポリエチレン製のライナーもしくはパネルで防食膜を形成した後、マンホールの既設断面と部材の隙間に高流動のモルタル(PLモルタル)を注入して一体化させることでマンホールを更生する。

特徴

1~3号マンホールおよび特殊形状のマンホールに対して施工が可能。

ライナーは完全な 1 枚に加工されているため品質が安定している。

水密性・耐薬品性・耐摩耗性に優れており、耐久性が向上する。

特別なパッカーを使用することにより下水供給中でも作業が可能。

ダンビー工法
PML Method

用途

鉄筋コンクリート管、その他管きょ一般の更生。

概要

老朽化した既設管の内面に硬貨塩化ビニル製のストリップ(帯板)を螺旋状に巻きながら、隣り合うストリップどうしをかん合することで連続したストリップ体(管体)を形成する。その後、既設管とストリップ体の間に充填剤を注入し、既設管と更生財を一体化させることで管を更生する。

特徴

内径 800mm~3000mm までの中・大口径管きょ、矩形きょ、馬蹄形きょなどに対応。

高い強度と水密性を発揮。内面粗度を改善し流量が向上。

溝部と伸縮部を併せ持つ SF ジョイナーを使用することにより、更生管は優れた耐震性能を発揮する。

関連リンク

クリアフロー工法
Clear Flow Method

用途

大口径管きょの更生。

概要

高密度ポリエチレン製の帯板状であるライニング材背面に補強鋼材を装着した更生材と、ポリマーセメント系充てん材により既設管と一体化した複合管を築造する、大口径管きょの更生工法。

特徴

ライニング材と補強鋼材を一体化することにより、複合管としての性能を最大限発揮。必要に応じて補強鋼材を自由に設計できるため、最適な管体強度が得られる。

地震などによって既設管の継手部に目開きが生じた場合でも水密性を確保できる。

既設管の形に応じたテーパーライング材を使用することで急曲線部や屈曲部にも適用できる。

更生材を人力で接続して製管するため専用機材は不要で施工性に優れる。

表面部材であるライニング材とかん合材は高密度ポリエチレン製であり耐久性に優れる。

施工事例

- Works -